お酒買取の日本最大級「ウリドキ」

先日の記事でもご紹介しましたが、ブランデーは高価買取りされている事実があります。
今回はお酒を売却する際にとても役立つ、「ウリドキ」というサイトの特徴についてご紹介したいと思います。

1.ウリドキとは


画像引用元:https://twitter.com/uridokinet

ウリドキとは最近流行りのWEBサービスで、株式会社ウリドキネットが運営する一種の価格比較サイトです。
そのサービス内容を簡潔にあらわすならば、「価格.comの買取り版」と表現できます。

価格.comは自分が「購入したい商品を取り扱っているWEBショップ」をランキング形式で比較したものですが、ウリドキは「自分が売却したい商品の買取りを受付けている買取りを業者」を一覧で表示し、買取価格比較をすることができるサービスです。

ウリドキを経由して売却できる商品は数多くあり、本・ゲーム・CD・DVDのようなメディア製品や、ブランド物の洋服・カバン・財布といったアパレル製品まで多様なジャンルを取り扱っています。

そして当然、お酒の売却も可能です。
次の項目では、ウリドキを利用してお酒を売却する際のメリットについてご説明します。

2.お酒の売却にウリドキを利用するメリット


ウリドキを利用する最大のメリットは、「相見積もりをする際に手間がかからない」という部分です。

通常相見積もりをする際は、それぞれのショップに個別に連絡を取り、必要事項を伝えたり身分証明書を提示する必要があります。
しかしウリドキを利用することで、一気にその手間を省くことができてしまいます

お酒の商品名で検索すると、買取り業者はすでにそのお酒の仮査定額を提示していますので、自分が売りたいと思った業者に連絡することが可能です。

また身分証明書の提示も、ウリドキの初回利用時に提示するのみですので、お酒買取りに必要な手間を極限まで省くことができます。
また各業者に対するユーザーレビューを閲覧することができますので、評価の低い業者を見分けることも簡単です

3.ウリドキ利用時の注意点


売りたいお酒の相場感や業者の評判を簡単に把握できる、メリットの多いサービスですが当然注意点もあります。

お酒の買取りを依頼する場合は、買取り業者が実際の品物を確認して本査定をするまで、実際の買取額は確定していないということです
ウリドキで検索した際に表示される査定額は、あくまで仮のものですので、実際に売却するお酒のコンディションによっては値段が下がることもあります。

またユーザーが無料でウリドキのサービスを使用できる理由は、手数料を買取り業者が支払っているからです。
ですので業者に直接連絡してお酒の買取りを依頼するより、ウリドキを経由して買取りを依頼したことで買取り価格が多少落ちてしまう可能性もあります
この辺りは業者によりけりですので明言はできません。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回の記事では「ウリドキ」についてご紹介しました。
ウリドキを利用すれば、相見積もりの手間を省き、スピーディーにお酒を換金できるようですね。

次回の記事では、こちらもお酒を売る手段としてよく利用されている「メルカリ」というサービスについてご紹介します。