増税前の今は中古車の高価買取のチャンス

2014年4月、遂に消費税が上がってしまいましたね。
駆け込み需要によって増税直前はかなり売り上げが上がったのに対し、
増税後はその反動で消費がかなり冷え込むことが予想されます。
 
そしてこれに追い打ちをかけるように、先日もう一つの増税が発表されました。
 
 
2014年度税制改善大綱によると、
2015年4月以降に軽自動車の「新車」を購入した場合、
その軽自動車には従来の1.5倍である
10,800円の税金が課されるのです。
 
そう、遂に軽自動車にかかる税金が増税されてしまうのです。
 
 
そして新車に対して課される税金が上がる場合、
中古の軽自動車の人気が増すことが予想されます。
 
 
そうすると、中古の軽自動車の販売価格が高騰してくることが予想されます。
 
どういうことかと言いますと、前回もお伝えしたとおり、
中古車の販売価格は需要と供給のバランスによって決まってきます。
 
 
今後軽自動車の人気が高まってくると
中古車市場からどんどん軽自動車が減ってしまいます。
 
そして軽自動車に対する需要に対して供給量が不足してくると、
軽自動車の販売価格は必然的に上がってきます。
 
 
そうすると中古車販売店としては1台でも多くの軽自動車を仕入れようとしますので、
中古車の買取価格も上昇してくることが予想されます。
 
今後中古車の売却を予定している方は、
ここ数年が高額査定を受けられるチャンスかもしれません。