廃車にするくらいなら買取りに出そう

初年度登録から10年以上経過している車や
走行距離が20万キロを超えているような車、
あるいはあちこちにぶつけた跡がある車など、
とても中古車販売店で買取ってもらうことができないような車の場合、
やはり廃車にするしかないと思ってしまいますよね。
 
ただ、車は洋服やバッグとは異なり
ゴミ袋に入れてポイと棄てるわけにはいきません。
 
もしもそんなことをしたら法律違反で捕まってしまいます。
 
車を廃車にするためには所定の手続きを経る必要がありますし、
一定の手数料も支払う必要があります。
 
そう、車というのは処分するのにもお金がかかるのですね。
 
 
そこでおすすめしたいのが、廃車にするしかないような車でも
とりあえず買取に出してみるという方法です。
 
特に車を買い替えるという場合には、
例えその車に価値がないような場合であっても
実質的「値引き」の意味で1、2万円程度の査定額を
出してくれる場合があります。
 
 
また車の買取りをしている業者の中には、
水没車や不動車、深刻な状態の事故車など
廃車にするしかないような車を専門的に
買取っているところもあります。
 
 
廃車にするしかないと簡単にあきらめるのではなく、
車を手放す際にはぜひ一度、
お近くにこういった業者がないかどうかを探してみてください。