高くお酒を売る時のポイントはこれ!

さて、今回の記事では、お酒買取りのサービスを展開している業者にお酒を売却するにあたり、「お酒をなるべく高く売るためのポイント」についてご紹介したいと思います。

お酒の売却を考えている方であれば、「できる限り高く買いとってもらいたい」と思うのは当たり前です。
以下ではお酒を高く買い取ってもらうために必要な、4つのポイントについてご説明したいと思います。

1. 査定前に掃除をして見た目を綺麗にする


まず1つ目のポイントは、「なるべくボトルを綺麗な状態にしておく」ことです。
買取り業者は買取ったお酒を別のユーザーに再販しますので、お酒のボトルが汚れている場合、査定額が落ちてしまいます。

もし汚れた状態のままお酒を売却してしまった場合、買取り業者で綺麗にする必要がありますので、ボトルの掃除にかかるコスト分が減額という形で現れるということです

買取りを依頼する前に、ボトルの汚れを拭き取っておいたり、積もっている埃があれば落としておくようにしましょう。
本当に少しのことですが、たったそれだけのことで、必要のない減額を避けることができます。

2. 元々お酒に付いていた付属品もそろえる


お酒には付属品が付いている場合があり、その種類は大変豊富です。

例えばお酒が入っていた化粧箱・オリジナルグラス・ワインであればギャランティーカード・ブランデーの替え栓など、様々なものが付属しています。
高級なお酒であるほど付属品が付いているケースが多く、その付属品自体にも査定額がつくため、付属品をなくしたまま買取りを依頼すると、その分査定額が減ることになるのです

先ほど例にも出した高級ブランデーに付属していることの多い、バカラクリスタルの替え栓をなくした場合は数千円の減額、また高級ワインに付属しているギャランティーカードを紛失した場合、最悪1万円近い減額となる場合もあります。
査定時には必ず付属品も揃えるようにしましょう。

3. 出来るだけ早く売る


ヴィンテージとして取引される極一部のお酒以外は、なるべく早目に売る方が査定額が高くなるようです。

そして当然のことながら、賞味期限が存在するビールのようなお酒は、賞味期限が過ぎていたり期限が目前の場合、買取り対象として査定してもらえないことがあります。

また、日本酒のような賞味期限はなくとも蔵元が想定している飲み頃の時期はあるような種類のお酒に関しても同様です。

しつこいようですが、買取り業者は買い取ったお酒を再販して利益を得ています。
お客さんにそのお酒を出す飲食店や、実際にそのお酒を飲むユーザーは、なるべく状態の良いお酒を求めています

ですので基本的に「少しでも新品の状態に近いものほど高く売れる」と覚えておく方が良いでしょう。

4. まとめて売る


買取り業者の中には、まとめ売りをするとその本数に合わせて、買取り額をアップしてくれる業者も存在しています
例えば前回の記事でもご紹介した、「ファイブニーズ」のような業者が該当します。

また本数が多ければ多いほどアップ率が上昇する場合もありますので、詳細に関しては買取り業者に直接確認しましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
今回の記事では「お酒を高く買ってもらうためのポイント」についてご紹介しました。
さてこのサイトではお酒を売却する様々な方法について記載してきましたが、ピンとくるお酒の売却方法は見つかりましたでしょうか。

一攫千金を狙って個人売買でお酒を売却するのも楽しいですが、私個人としては余計な手間も費用もかからない、お酒の買取り業者の利用がイチオシです