男性にも好評のスペーシアのデザイン

スペーシアは、スズキから販売されている人気の軽自動車です。
スペーシアには様々な魅力が詰まっていますが、
その一つにボディーデザインの美しさという点が挙げられます。
 
 
まず全体的な形状についてですが、フロントデザインは少し丸みを帯びた
可愛らしいデザインになっているとともに、
サイドには光をきれいに反射するようにデザインされています。
 
そのため可愛らしいだけではなくスタイリッシュでカッコいい雰囲気も兼ね備えているのです。
実際、スペーシアを購入される方の中には男性も沢山いらっしゃるようですよ。
 
 
またスペーシアは、カラーバリエーションも豊富です。
 
最近のトレンドでもあるマカロンカラーのフォレストアクアメタリックや
イノセントピンクパールメタリック、フィズブルーパールメタリック、
落ち着いたカラーが美しいシルキーシルバーメタリック、
個性派の方にも人気があるキャンドルオレンジメタリック、
そして定番カラーであるブルーイッシュブラックパーツとパールホワイトというように、
全7色で展開されているのです。
 
 
美しいボディーデザインに豊富なカラーバリエーション、
スズキのスペーシアが幅広い世代の方から人気があるというのにも頷けますね。

スペーシアのシートは使い方色々

スズキのスペーシアは、ファミリーカーとしてもおすすめの車です。
というのもスペーシアは、ご利用シーンに合わせて
様々なシートアレンジをすることができるのです。
 
 
まずは通常モード。
スペーシアは後部座席もゆとりを持った設計がされているため、
後部座席に乗った方も足を組んでゆっくりとくつろぐことができるのです。
 
 
次に2シートバージョン。
スペーシアは助手席を倒し、助手席側の後部座席を格納すれば
長い荷物を積める空間が出現します。
 
お子様と二人でスキーに出かける際などはとても便利ですよね。
 
 
さらにスペーシアの車内は3シートバージョンにもすることができます。
 
後部座席の片方を格納するだけで、
あっという間に大空間が出現しそこに荷物を積むことができるのです。
 
ご家族で旅行に出かけられる際には、この3シートバージョンがおすすめです。
 
 
そしてスペーシアのシートは、助手席と運転席を完全に倒してしまえば
フルフラットモードにすることができます。
 
そうすると、大人の方でも足を伸ばしてゆっくりとくつろぐことができますので、
運転疲れをいやしたり、アウトドアに出かけた際には
テント代わりに使ったりすることも可能です。
 
 
様々なシートアレンジを楽しむことができるというのはとても魅力的ですね。

スペーシアの収納力はここが違う

スペーシアは、スズキから販売されている軽自動車で、
収納力に優れていることでも知られています。
 
 
スペーシアの後部座席は2アクションで簡単に折りたたむことができるのですが、
シートを格納するととても広い空間が出現します。
 
どのくらい広いかといいますと、車内の幅は1,130mm、高さは1,110mmもあるのです。
 
 
ただそういわれてもなかなかピンときませんよね。
例えば具体的にどのような荷物を積み込むことができるのかといいますと・・・。
 
なんと、大人用の自転車と子供用の自転車を1台ずつ積み込むことができるのです。
 
自転車を積むことができる車というのはよく聞きますが、
2台も積むことができるというのは素晴らしいですよね。
 
 
例えばお子様が二人いらっしゃるという方でも、
お姉ちゃんの通学自転車と妹さんの子供用自転車を
一緒に積み込むことができるというわけです。
 
 
さらにスペーシアには、フロントオーバーヘッドコンソールやドアミドルポケット、
インパネトレー、インパネアッパーボックスなど様々な
収納スペースが設けられています。
 
 
これだけたくさんの収納スペースがあれば、
お子様のお出掛けの時用のおむつ類やちょっとした小物も
車内に整頓して入れておくことができますね。

アウトランダーって燃費はどうなの?

アウトランダーは、三菱の人気SUV車です。
 
車選びをするにあたって最も重視するのは維持費の安さ、
という方も多いのではないでしょうか。
 
車に乗る以上、一定の維持費がかかることは仕方がありませんが
できることならその維持費を安く抑えたいというのが
すべてのカーユーザー様の本音でしょう。
 
 
そして「維持費を抑える」ために最も有効なのが、
ガソリン代を安く抑えるということですよね。
 
というのも維持費の他の部分は任意保険料であったり、
税金や自賠責保険料のように国で納付する金額が決められているものですので、
節約するとなるとガソリン代くらいしかないのです。
 
 
そこで車の低燃費性が問題となってくるわけですが、
アウトランダーのようなSUV車はどうしても
燃費が悪くなってしまうというイメージがありますよね。
 
 
実際、従来のSUV車は燃費が悪いものが多く、
リッター10キロも走らないという車がほとんどでした。
 
しかし三菱のアウトランダーは、この常識を華麗に打ち破ってくれています。
なんと、リッター14.4キロから15.2キロも伸びてくれるのです。
このクラスの車でこの低燃費性というのは素晴らしいですよね。
 
走行性能だけではなく低燃費性にも優れた三菱のアウトランダー、素晴らしい車ですね。

アウトランダーがデザインも注目される理由

アウトランダーは、三菱から販売されている人気のクロスオーバーSUV車です。
アウトランダー人気には様々な理由がありますが、
その一つにデザインの美しさという点が挙げられます。
 
 
SUV車というと、どうしても「いかつい」とか「男らしい」
といったデザインのイメージがありますよね。
 
 
しかし三菱のアウトランダーは、少し丸みを帯びたボディーになっていることで
女性でもとっつきやすいデザインに仕上がっているとともに、
フロント部分やサイドデザイン、バックデザインの各所に
シルバーメッキパーツをあしらったことで
かなり高級感のある雰囲気を醸し出しています。
 
 
そしてアウトランダーは、カラーバリエーションも豊富です。
定番色であるホワイトパールやブラックマイカはもちろん、
落ち着いたカラーがお年を召されたかにも人気のクールシルバーメタリックや
チタニウムグレーメタリック、若い方や個性派の方に
人気のテクニカルシルバーメタリックやカッパーメタリック、コズミックブルーマイカ、
そして女性に人気のレッドメタリックというように、
全8色で展開されているのです。
 
 
一昔前とは違って、現代のSUV車はオシャレなデザインになっているとともに、
様々なカラーがそろっているのですね。

走りだけじゃないアウトランダーのインテリア

アウトランダーは、三菱から販売されている人気車種です。
 
SUV車はいつの時代の根強い人気がある車ですが、
一昔前のSUV車というと、どうしても「走り」の方に重きが置かれてボディーデザインや
内装に関してはあまりおしゃれではないものが多かったですよね。
 
 
しかし三菱のアウトランダーは、インテリアにもこだわって作られています。
 
 
例えばシフトチェンジ部分。
ブラックのシフトレバーの周りにはシルバーメッキがあしらわれており、
とても高級感のある仕上がりになっています。
 
 
またインパネ、オーナメントパネルには人気の木目調パネルが採用されています。
 
 
そしてアウトランダーは、3種類のシート生地が用意されています。
 
まずはファブリック。
 
丁寧に織り込まれたブラックのファブリックはアウトランダーの魅力をさらに高めてくれます。
 
 
二つ目はファブリックと合成皮革のコンビネーション。
シートの周りが合成皮革になっておりスタイリッシュであるとともに耐久性にも優れています。
 
 
そして三つ目が本革。
ブラックの本皮で作られたシートは、高級感があってとても美しい仕上がりになっています。
 
どのような内装にするのかを選ぶことができるというのも嬉しいポイントですよね。
 
 
以上のようにアウトランダーには、走行性能やボディーデザインだけではなく
内装の美しさという魅力もあるのです。

女性にも人気のアウトランダー

三菱のアウトランダーは、男性だけではなく女性にも人気がある車です。
こういったタイプのSUV車というとスノーボードなどの
アウトドアスポーツを楽しむ方やキャンプなどの
アウトドアレジャーを楽しまれる方が乗る車、
というイメージがありますが、それだけではありません。
 
 
もちろんアウトドアを楽しむ際にもこのアウトランダーは大活躍してくれるのですが、
日常生活において女性が使用するのにも適しているのです。
 
 
その理由には様々なものがありますが、まずはボディーデザインの美しさでしょう。
 
アウトランダーのボディーは角が取れて丸みを帯びているため、
女性らしい柔らかさが感じられます。
 
 
そしてカラーバリエーションも豊富で、
女性に人気のホワイトやレッドといったカラーも展開されているのです。
 
 
またアウトランダー人気の理由には、
様々な安全性能が搭載されているという魅力もあります。
 
最近は大きな車に乗りたいという女性も増えていますが、
やはり運転に関して少々不安があるという方も多いと思います。
 
 
その点、アウトランダーには衝突回避機能やバックモニターなどの
安全性能が搭載されているため、
運転に自信がないという女性を優しくサポートしてくれるのです。
 
 
以上のようにアウトランダーには、女性に嬉しい魅力が沢山あるのです。

無料サービスをおねだりしてみよう

車を購入する場合、少しでも安く購入したいですよね。
 
車の値段というのはディーラーや中古車販売店によって既に設定されておりますので、
それよりも安く購入するためには値引きをしてもらわなければなりません。
 
 
しかし向こうも商売ですので、なかなかすんなりとは値引きをしてくれないでしょう。
また人気のある車種や会社の規定によって
あまり値引きをすることができない車種というのもあります。
 
 
そういった車を購入する場合、車体価格からの値引きというのは少々困難になってきます。
しかし“値引き”は無理でも“実質値引き”を狙うことは可能です。
 
なんだかこれだけを聞くと言葉遊びのようですが、
実はこれ、とても有効な交渉術なのです。
 
 
価格の交渉をする際に、
 
「○○を無料でサービスしてはもらえませんか?」
 
とおねだりしてみましょう。
 
 
新車を購入するときであればオプションの無料サービスを、
中古車を購入する場合であれば車を購入する際に
必要な手続きにかかる手数料の無料サービス、
あるいはそのお店が車のメンテナンスもしているという場合は
車検やオイル交換の無料サービスをおねだりしてみるのもいいでしょう。
 
 
 
お店側としても、こういった類のものの
値段はある程度自由に値引きすることができるので、
結果的に、支払合計金額が減り、
値引きをしてもらうのと同じことになるというわけです。

車の購入と引き換えに査定額UP

車を買取りに出すという方の多くは、新しい車を購入するため
現在の車が不要になってしまったという理由によるものだと思います。
 
 
そういった場合、新車を購入するにせよ中古車を購入するにせよ、
その車の買取には「下取り」、もっと言うと、「実質的値引き」の要素があります。
そのため、単に車だけを売却するよりも、車の査定価格が上がる場合があるのです。
 
 
そこで皆様におすすめしたいのが、もう古くなったからとか、
走行距離が伸びているからといった理由であきらめないで、
とりあえず査定をしてもらうことです。
 
 
新しい車を購入するという場合、ディーラーや中古車販売店は
あなたのことを他の業者にとられたくないため、
多少無理をしてでもその車の査定額を挙げてくれることがあるのです。
 
 
また車の値引き交渉をするにあたっても、
「車の値引きは無理でも、現在所有している車にある程度の査定額をつけてもらえませんか?」
といった具合に交渉してみましょう。
 
通常であれば査定価格がつかないような車であっても、
新しい車を購入するとなると意外とすんなりと査定額を挙げてくれたりするものですよ。
 
 
現在車の買い替えを検討している方は、
「査定額アップ」という観点からも車の値引き交渉をしてみてください。