セカンドカーにも向いているスペーシアの燃費

突然ですが皆様、車を購入するにあたってはどのような点を重視しますか?
メーカーやボディーデザイン、カラー、性能など様々な点がありますよね。
 
ただこれらの点以外にも、ほとんどの方が重要視している点があります。
それは、「燃費」です。
 
 
車を所有するには維持費がかかりますが、
その維持費の中で最も大きな割合を占めているのがガソリン代ですよね。
 
そのため、車を購入するにあたってはその車の燃費がとても重要となってきます。
 
 
この点、スズキのスペーシアは
なんとリッター29.0キロという驚異の低燃費性を実現しました。
 
 
スペーシアは、ボディーが最新の技術を駆使して軽量化されているとともに、
減速をする時のエネルギーで発電や充電を行う「エネチャージ機能」や
信号待ち等で車を停車したときにエンジンを自動的にストップする
「アイドリングストップ機能」などを搭載したことによって、余分なガソリンを使いません。
 
スペーシアは、使用するガソリンを最小限に抑えたとても経済的な車なのです。
 
 
維持費が安いとなると、ファミリーカーとしてはもちろん、
奥様が乗られるセカンドカーとしても良いですよね。
 
 
収納力や利便性だけではなく低燃費性や環境性能にも優れている
スズキのスペーシア、本当におすすめの車です。

男性にも好評のスペーシアのデザイン

スペーシアは、スズキから販売されている人気の軽自動車です。
スペーシアには様々な魅力が詰まっていますが、
その一つにボディーデザインの美しさという点が挙げられます。
 
 
まず全体的な形状についてですが、フロントデザインは少し丸みを帯びた
可愛らしいデザインになっているとともに、
サイドには光をきれいに反射するようにデザインされています。
 
そのため可愛らしいだけではなくスタイリッシュでカッコいい雰囲気も兼ね備えているのです。
実際、スペーシアを購入される方の中には男性も沢山いらっしゃるようですよ。
 
 
またスペーシアは、カラーバリエーションも豊富です。
 
最近のトレンドでもあるマカロンカラーのフォレストアクアメタリックや
イノセントピンクパールメタリック、フィズブルーパールメタリック、
落ち着いたカラーが美しいシルキーシルバーメタリック、
個性派の方にも人気があるキャンドルオレンジメタリック、
そして定番カラーであるブルーイッシュブラックパーツとパールホワイトというように、
全7色で展開されているのです。
 
 
美しいボディーデザインに豊富なカラーバリエーション、
スズキのスペーシアが幅広い世代の方から人気があるというのにも頷けますね。

スペーシアのシートは使い方色々

スズキのスペーシアは、ファミリーカーとしてもおすすめの車です。
というのもスペーシアは、ご利用シーンに合わせて
様々なシートアレンジをすることができるのです。
 
 
まずは通常モード。
スペーシアは後部座席もゆとりを持った設計がされているため、
後部座席に乗った方も足を組んでゆっくりとくつろぐことができるのです。
 
 
次に2シートバージョン。
スペーシアは助手席を倒し、助手席側の後部座席を格納すれば
長い荷物を積める空間が出現します。
 
お子様と二人でスキーに出かける際などはとても便利ですよね。
 
 
さらにスペーシアの車内は3シートバージョンにもすることができます。
 
後部座席の片方を格納するだけで、
あっという間に大空間が出現しそこに荷物を積むことができるのです。
 
ご家族で旅行に出かけられる際には、この3シートバージョンがおすすめです。
 
 
そしてスペーシアのシートは、助手席と運転席を完全に倒してしまえば
フルフラットモードにすることができます。
 
そうすると、大人の方でも足を伸ばしてゆっくりとくつろぐことができますので、
運転疲れをいやしたり、アウトドアに出かけた際には
テント代わりに使ったりすることも可能です。
 
 
様々なシートアレンジを楽しむことができるというのはとても魅力的ですね。

スペーシアの収納力はここが違う

スペーシアは、スズキから販売されている軽自動車で、
収納力に優れていることでも知られています。
 
 
スペーシアの後部座席は2アクションで簡単に折りたたむことができるのですが、
シートを格納するととても広い空間が出現します。
 
どのくらい広いかといいますと、車内の幅は1,130mm、高さは1,110mmもあるのです。
 
 
ただそういわれてもなかなかピンときませんよね。
例えば具体的にどのような荷物を積み込むことができるのかといいますと・・・。
 
なんと、大人用の自転車と子供用の自転車を1台ずつ積み込むことができるのです。
 
自転車を積むことができる車というのはよく聞きますが、
2台も積むことができるというのは素晴らしいですよね。
 
 
例えばお子様が二人いらっしゃるという方でも、
お姉ちゃんの通学自転車と妹さんの子供用自転車を
一緒に積み込むことができるというわけです。
 
 
さらにスペーシアには、フロントオーバーヘッドコンソールやドアミドルポケット、
インパネトレー、インパネアッパーボックスなど様々な
収納スペースが設けられています。
 
 
これだけたくさんの収納スペースがあれば、
お子様のお出掛けの時用のおむつ類やちょっとした小物も
車内に整頓して入れておくことができますね。