車を買取りに出す際にチェックしておくべきこと

車を購入したり、車を廃車にしたりというように、
車に関して何らかの行動を起こす場合には
必要書類を揃えたり税金や手数料を支払ったりというように、
なにかとややこしい手続きをする必要が出てきます。
 
そして車を買取りに出す際には、
自動車検査証や自賠責保険証、印鑑証明書、
委任状など様々な書類をそろえる必要がありますし、
車を売却する場合には所有権移転手続き等をする必要があります。
 
中古車販売店等に車を買取りに出す場合、
これらの手続きは業者が行ってくれるのですが、一つだけ、
自ら確認しておかなければならないことがあります。
 
それは、車の所有権が誰の名前になっているかを確認することです。
 
「自分が車を購入したんだから、
自分の名義になっているはずでしょ?」と思われますよね。
 
もちろん、基本的にはその通りなのですが、
中には例外があるのです。
 
それは、車をローンで購入した場合です。
 
車をローンで購入した場合、ローンを完済することができるまでは
その車の所有権はローン会社や信販会社、
ディーラー等に留保されています。
 
そして所有権が自分以外の名義になっている以上、
独断で車を売却することはできませんし、
勝手に所有権を変更することもできません。
 
そこで車を買取りに出す場合には、
車検証を見て車の所有権が誰になっているかを
しっかりと確認しておいてください。