車を買取りに出す前には車内を掃除しよう

長年愛用した車を買取りに出す際には、
ぜひしておいていただきたいことがあります。
 
それは、車内の清掃です。
 
「車内の掃除?車のボディーを磨くんじゃなくて?」
と思われる方もいらっしゃるかと思います。
 
もちろんボディーを磨くことも大切なのですが、
車の査定においては車内の状態も重視されます。
 
車を買取る業者は、
買取った車を中古車市場において販売し、
利益を得ることを前提にして査定額を算出しています。
 
シートにシミ等がなく、
また車内に傷がついていない綺麗な車と、
車内が汚れてしまっている車とでは、
当然前者の方が中古車市場において
高く売ることができますよね。
 
そして中古車市場において
高く売ることができるということは、当然車の査定額、
つまり買取価格も高くなるということです。
 
 
シートの汚れは熱湯を染み込ませたタオルで
たたくことによって簡単に除去することができますし、
ダッシュボードやハンドル周りについては
マイクロアイバークロス等でさっとふき取るだけで
簡単にほこりや細かいごみを除去することができます。
 
また足元マットについても土埃をはらい、
軽く水洗いするだけで見違えるように
きれいにすることができます。
 
ちょっとした工夫で車の車内は綺麗になりますので、
車を買取りに出す前にはぜひこれらのことを
実践してみてください。
 

ETC車は高く買取ってもらえる?

メーカーオプションの高性能のナビやオーディオを
搭載している車やフルオプションを装備している車の場合、
その買取価格は他の同車種と比べて高額になります。
 
高性能のナビやメーカーオプションは
中古車市場において人気が高いため、
その買取価格も高くなるのです。
 
では、ETCを搭載している車を買取りに出した場合、
ETCがついている分その買取価格も高くなるのでしょうか。
 
 
残念ながら答えはNOです。
確かに一昔前であれば、ETCを搭載している車というのは
高く評価されていました。
 
ところが現代においてETCは
目覚ましいスピードで普及してきており、
今やETCを搭載していない車のほうが
少ないというくらいです。
 
そのため、ETCを搭載しているからといって
特別プラス査定になることはないようです。
 
 
もちろん、ETCがついていないよりは
ついている方が優遇されることに変わりはありませんが、
例え買取価格がアップしたとしてもほんの少しにすぎません。
 
最近は1万円以下でETCをつけることも
できるようになっているため、
ETCがあるからと言って大幅に買取価格を
アップしてもらうことはできないのです。
 
 
一昔前は大変画期的なシステムであると話題になったETCも、
今やあって当たり前のものになっているのですね。

車を買取りに出す際にチェックしておくべきこと

車を購入したり、車を廃車にしたりというように、
車に関して何らかの行動を起こす場合には
必要書類を揃えたり税金や手数料を支払ったりというように、
なにかとややこしい手続きをする必要が出てきます。
 
そして車を買取りに出す際には、
自動車検査証や自賠責保険証、印鑑証明書、
委任状など様々な書類をそろえる必要がありますし、
車を売却する場合には所有権移転手続き等をする必要があります。
 
中古車販売店等に車を買取りに出す場合、
これらの手続きは業者が行ってくれるのですが、一つだけ、
自ら確認しておかなければならないことがあります。
 
それは、車の所有権が誰の名前になっているかを確認することです。
 
「自分が車を購入したんだから、
自分の名義になっているはずでしょ?」と思われますよね。
 
もちろん、基本的にはその通りなのですが、
中には例外があるのです。
 
それは、車をローンで購入した場合です。
 
車をローンで購入した場合、ローンを完済することができるまでは
その車の所有権はローン会社や信販会社、
ディーラー等に留保されています。
 
そして所有権が自分以外の名義になっている以上、
独断で車を売却することはできませんし、
勝手に所有権を変更することもできません。
 
そこで車を買取りに出す場合には、
車検証を見て車の所有権が誰になっているかを
しっかりと確認しておいてください。
 

廃車にするくらいなら買取りに出そう

初年度登録から10年以上経過している車や
走行距離が20万キロを超えているような車、
あるいはあちこちにぶつけた跡がある車など、
とても中古車販売店で買取ってもらうことができないような車の場合、
やはり廃車にするしかないと思ってしまいますよね。
 
ただ、車は洋服やバッグとは異なり
ゴミ袋に入れてポイと棄てるわけにはいきません。
 
もしもそんなことをしたら法律違反で捕まってしまいます。
 
車を廃車にするためには所定の手続きを経る必要がありますし、
一定の手数料も支払う必要があります。
 
そう、車というのは処分するのにもお金がかかるのですね。
 
 
そこでおすすめしたいのが、廃車にするしかないような車でも
とりあえず買取に出してみるという方法です。
 
特に車を買い替えるという場合には、
例えその車に価値がないような場合であっても
実質的「値引き」の意味で1、2万円程度の査定額を
出してくれる場合があります。
 
 
また車の買取りをしている業者の中には、
水没車や不動車、深刻な状態の事故車など
廃車にするしかないような車を専門的に
買取っているところもあります。
 
 
廃車にするしかないと簡単にあきらめるのではなく、
車を手放す際にはぜひ一度、
お近くにこういった業者がないかどうかを探してみてください。

車を買取りに出す前にすべきこと

長年愛用してきた車を手放すのは、
なかなか勇気がいることですよね。
 
いくら「もの」であるとはいえ、
車は長年愛用していると情がわいてきますし、
手放す際は少し手も高く評価してもらいたいというのが
カーオーナーの本音ですよね。
 
実は車は、買取に出す前にある程度の
「下準備」をしておくことによって査定額をアップさせることが
できる場合があります。
 
 
そこでここでは、車を買取りに出した際に少しでも
高く買取ってもらえるよう、
どのような準備をしておけばいいのかということについて
ご説明させていただきます。
 
まずは、車の洗車や車内の清掃です。
査定士も人間ですので、ほこりまみれで汚れた車よりも、
綺麗にみがきあげられた車のほうが印象が良くなります。
 
車を綺麗にしているということは、
これまでこの車は大切に扱われてきたということになるため、
査定額が上がる可能性があるのです。
 
 
また車を買取りに出す前には、
買取に出そうとしている車の買取り価格相場を調べておくことも必要です。
 車の買取相場の調べ方
 
相場を知っておくことによって、
中古車販売店等で提示された査定額で車を売却するかどうか
判断することができますし、
相場を「武器」に買取価格について交渉することもできるからです。

車の買取相場の調べ方

車を買取りに出すと、
中古車販売店や車の買取り専門業者等に
在籍している査定士が車を査定し、
査定額を算出してくれます。
 
そしてこの査定額に納得できればいいのですが、
もう少し値段を上げてもらいたいという場合には、
査定額アップの交渉をしなければなりません。
 
この交渉において強力な武器となってくれるのが、
現在所有している車の買取り価格の「相場」です。
 
相場を知っておくと、
「この車の買取り価格は○○くらいが相場なのだから、
もう少し金額を上げてください」というように
交渉をすることができるからです。
 
 
では、車の買取相場はどのようにして
調べればいいのでしょうか。
 
車の買取り相場を調べる方法として
最も手軽で、そして簡単なものに、
インターネットの簡単査定サイトを
利用するという方法があります。
 
簡単査定サイトでは、車の型式や年式、
走行距離等の必要な事項を入力し、
クリックするだけで現在所有している
車の買取り価格を算出することができます。
 
そしてこのサイトで算出することができる
買取価格は1社のものではなく
複数業者のものなので、
簡単査定サイトを利用することによって
車の買取り相場を知ることができるというわけです。
 
 
現在お車の売却をご検討中の方は、
車を買取りに出す前にぜひ一度、
簡単査定サイトを使ってみてください。
 
相場が分かったら、
次は査定のタイミングですね。
車を買取りに出すタイミング
 

車を買取りに出すタイミング

 
車の買取価格は、いつ査定に出しても
常に同じ金額が提示されるわけではありません。
 
車にも、比較的高い査定額がつく
「売り時」というものがあるのです。
 
では、どのタイミングで車を買取りに出せば、
高い値段で売却することができるのでしょうか。
 
 
狙い目なのは、年度末前です。
 
年度末や年度初めというのは就職や転勤など
人が動く季節であるため、
中古車の販売台数も増える傾向にあります。
 
つまり、年度末や年度初めは中古車販売店にとって
「かきいれどき」というわけです。
 
そして車がよく売れるシーズンの前には
少しでも多くの車を仕入れようとしますので、
他のシーズンと比べて車の買取り価格が
上がることがあるのです。
 
 
また車というのは、定期的にモデルチェンジや
マイナーチェンジをしています。
 
そしてモデルチェンジ等がされてしまうと、
モデルチェンジ前の車は中古車市場において
その値段が下がってしまいます。
 
誰でも出来るならば新しい車を購入したいのですから、
当然といえば当然ですよね。
 
そこで車を買取りに出すにあたっては、
できるだけモデルチェンジ、
あるいはマイナーチェンジがなされる前を
狙うことをおすすめします。
 
 
ほんの少し時期がずれるだけで
車の買取り価格というのは変わってきますので、
車を高く買取ってもらえるタイミングは
常にチェックしておきましょう。
 

増税前の今は中古車の高価買取のチャンス

2014年4月、遂に消費税が上がってしまいましたね。
駆け込み需要によって増税直前はかなり売り上げが上がったのに対し、
増税後はその反動で消費がかなり冷え込むことが予想されます。
 
そしてこれに追い打ちをかけるように、先日もう一つの増税が発表されました。
 
 
2014年度税制改善大綱によると、
2015年4月以降に軽自動車の「新車」を購入した場合、
その軽自動車には従来の1.5倍である
10,800円の税金が課されるのです。
 
そう、遂に軽自動車にかかる税金が増税されてしまうのです。
 
 
そして新車に対して課される税金が上がる場合、
中古の軽自動車の人気が増すことが予想されます。
 
 
そうすると、中古の軽自動車の販売価格が高騰してくることが予想されます。
 
どういうことかと言いますと、前回もお伝えしたとおり、
中古車の販売価格は需要と供給のバランスによって決まってきます。
 
 
今後軽自動車の人気が高まってくると
中古車市場からどんどん軽自動車が減ってしまいます。
 
そして軽自動車に対する需要に対して供給量が不足してくると、
軽自動車の販売価格は必然的に上がってきます。
 
 
そうすると中古車販売店としては1台でも多くの軽自動車を仕入れようとしますので、
中古車の買取価格も上昇してくることが予想されます。
 
今後中古車の売却を予定している方は、
ここ数年が高額査定を受けられるチャンスかもしれません。
 

車の買取価格はどう決まる?

車を買取りに出す際、一つ気になることがありますよね。
 
それは、どのような基準によって
車の買取り価格が決まっているのかという点についてです。
 
そこでここでは、車の買取り価格が
どのように決められているのかということについてご説明させていただきます。
 
 
車の買取り価格は、基本的に車種や年式、走行距離によって
そのおおよその価格が算出されます。
 
そしてそのうえで、修理歴やメンテナンス歴、修理個所や部品の状態、
ボディーの状態、車内の状態等様々なポイントがチェックされ、
査定額がアップしたりダウンしたりします。
 
 
また車の査定額に最も大きな影響を及ぼすといっても
過言ではない要素に、「人気」があります。
 
中古車販売店は何も車のコレクションをするために
車を買取っているわけではありません。
 
 
買取った車を整備して磨き上げ、
利益をのせて中古車市場において販売しているのです。
 
そして中古車市場では、
当然のことながら人気が高い車のほうが高く販売できます。
 
そのため、人気がある車種の買取価格は高くなるというわけです。
 
 
車の査定額は単に車の車種や年式等だけではなく、
ボディーの状態や内装、修理歴、人気など
様々な要素によって算出されているのですね。

セカンドカーにも向いているスペーシアの燃費

突然ですが皆様、車を購入するにあたってはどのような点を重視しますか?
メーカーやボディーデザイン、カラー、性能など様々な点がありますよね。
 
ただこれらの点以外にも、ほとんどの方が重要視している点があります。
それは、「燃費」です。
 
 
車を所有するには維持費がかかりますが、
その維持費の中で最も大きな割合を占めているのがガソリン代ですよね。
 
そのため、車を購入するにあたってはその車の燃費がとても重要となってきます。
 
 
この点、スズキのスペーシアは
なんとリッター29.0キロという驚異の低燃費性を実現しました。
 
 
スペーシアは、ボディーが最新の技術を駆使して軽量化されているとともに、
減速をする時のエネルギーで発電や充電を行う「エネチャージ機能」や
信号待ち等で車を停車したときにエンジンを自動的にストップする
「アイドリングストップ機能」などを搭載したことによって、余分なガソリンを使いません。
 
スペーシアは、使用するガソリンを最小限に抑えたとても経済的な車なのです。
 
 
維持費が安いとなると、ファミリーカーとしてはもちろん、
奥様が乗られるセカンドカーとしても良いですよね。
 
 
収納力や利便性だけではなく低燃費性や環境性能にも優れている
スズキのスペーシア、本当におすすめの車です。